コントロールジェルmeとパイナップルローションを比較!違いは?我が家が選んだのはこっち!

子どものムダ毛事情
スポンサーリンク

抑毛ジェルとして人気のコントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションを比較した時の違いについてご紹介します。

 

子どものムダ毛処理の方法としてよく選ばれるのが“抑毛”ですよね。

子どもの肌は敏感で繊細なので、除毛するよりも抑毛で薄くしてあげたい、という方が多いです。

 

そこで検索すると出てくるのが、

コントロールジェルme

パイナップル豆乳ローション

の2つです。

 

どちらを購入すべきか悩む方が多いので、今回はコントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションの比較とその違いについてご紹介していきます。

 

この記事でお伝えするのは「どちらがより優秀な商品か」ではなく、「自分にとって良い商品はどちらか」を決めるための参考材料にしていただければと思います^^

 

ちなみに我が家の娘はコントロールジェルmeユーザー(もう4年ほど継続して使っています)です。

なぜコントロールジェルmeを選んだのかについてもご紹介しますね^^

 

スポンサーリンク

コントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションを比較!違いは何?

コントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションの違いは以下のとおりです。

①価格

②全額返金保証期間

③子供への使用について

④売り上げ本数

⑤商品の販売年数

では順番に詳しく説明していきます。

 

コントロールジェルMEの公式HPはこちら

パイナップル豆乳ローションは楽天での購入がお得!

 

①価格

抑毛ジェルは効果が出るまでに時間がかかるうえ、継続して使い続ける必要があります。

その点で価格はとても重要です。

 

コントロールジェルme・パイナップル豆乳ローションともに公式サイトから購入した場合の価格の比較です(2021年5月時点)。

【コントロールジェルme】
●初回特別価格:4,180円(税込・送料無料/3本まで購入可能)
※時期により価格が異なるので公式サイトでチェックしてくださいね^^
●定期購入価格:4,730円(税込)
●通常購入価格:5,500円(税込)
【パイナップル豆乳ローション】
●定期まとめ割特別価格:2,178円(税込)
※定期まとめ割特別価格はよりどり3点以上の購入が必要です^^
●通常価格:2,750円(税込)

公式サイトから購入する場合、パイナップル豆乳ローションの方が価格が安いことが分かりますね。

 

さらに!

パイナップル豆乳ローションは、公式サイト以外にAmazonや楽天でも購入でき、時期によっては公式サイトよりも安く購入できる場合もあります。

一方コントロールジェルmeは公式サイトのみの販売ですが、決済では楽天payやAmazon payが利用できます。

 

自分の買い物スタイルに応じて購入先を比較してみてくださいね。

 

②全額返金保証期間

コントロールジェルmeもパイナップル豆乳ローションも、どちらも初回購入の方限定で全額返金保証がついています。

しかし、保証期間が違います。

【コントロールジェルme】
●全額返金保証期間:商品お届けから60日以内
【パイナップル豆乳ローション】
●全額返金保証期間:商品到着後30日以内

どちらも商品開封後・使用後でも効果に満足できなければ返金してもらえます^^

 

全額返金保証期間はコントロールジェルmeの方が長いですね。

 

コントロールジェルmeもパイナップル豆乳ローションも抑毛商品のため、即効性のあるものではありません。

効果を感じられるまでには時間がかかります。

 

個人差もありますが、抑毛効果を感じ始めるまでには1~2ヶ月かかると言われています。

 

その点で、コントロールジェルmeはしっかりと効果を確認できるのが嬉しいですね^^

 

抑毛商品は効果を感じるかどうか個人差があるので、残念ながら効果を感じられず実際に返金してもらった、という口コミもあります。

 

全額返金保証制度があるので、どちらも安心してトライすることができますよ^^

 

それにしても、どちらも全額返金制度を整えているというのは、それだけ商品に自信があるということが伝わってきますね!

 

③子供への使用について

コントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションが、何歳から使用可能なのか、気になるところです。

それぞれの公式サイトには具体的な使用開始年齢が示されていなかったので、問い合わせてみました!

コントロールジェルme】
●ムダ毛ケア目的であれば3,4歳~
●美肌目的であれば赤ちゃんから使用可能
・コントロールジェルmeは敏感肌専用にデザインされており、薬品ではないため刺激が少なく、その分効果は緩やか
・子供の年齢では、5歳・6歳・7歳が使用している人が多い
【パイナップル豆乳ローション】
●肌が安定している1歳以上のお子様を対象
・1歳未満は肌が不安定のため、使用を控えてほしい
・使用前に必ずパッチテストをしてほしい
との回答をそれぞれいただきました。
どちらも小さなお子さんでも安心して使える設計になっていますね。

 

抑毛商品を調べている方のなかには、お子さんへの使用を検討している方がとても多いです。

脱毛などは肌への負担が大きいので、抑毛でなんとかムダ毛の悩みを解決してあげたいと考えている方が大半ではないでしょうか。

 

幼い子供にも使えるというのは、デリケートな肌にも安心して使えるということです。

敏感肌の人でも問題なく使えるようにするには、商品の成分にこだわっていないと難しいですよね。

コントロールジェルme・パイナップル豆乳ローションともに、抑毛成分だけでなく保湿成分・美肌成分もしっかりと含んでいます。

 

抑毛商品を使ってムダ毛ケアをしながら、保湿できたり肌がキメ細かくなってくれるなんて嬉しいですよね!

 

我が家の娘はコントロールジェルmeを4歳頃から使っていますが、肌荒れなどはこれまで全くありません。

 

それぞれの会社から使用年齢の回答はいただきましたが、それぞれパッチテストをしたうえで使用するようにしてくださいね^^

 

④売り上げ本数

売り上げ本数が多ければ多いほど、それだけ効果を感じられる人が多いのでは?と考えられますよね。

これまでに、どれくらい売り上げているのか調べてみました。

【コントロールジェルme】
●シリーズ累計80万本以上(2020年7月調べ)
【パイナップル豆乳ローション】
●シリーズ累計503万本以上(2020年10月時点)

それぞれ、シリーズ累計なのでムダ毛ケア関連商品の総売り上げ本数ということにはなりますが…

パイナップル豆乳ローションを販売している鈴木ハーブ研究所の売り上げ本数はすごいですね。

 

⑤商品の販売年数

その商品を長く販売しているということは、それだけ需要があったり改良を重ねていることになります。

【コントロールジェルme】
●販売開始より25年(1996年10月から販売開始)
【パイナップル豆乳ローション】
●販売開始より16年(2004年12月から販売開始)

コントロールジェルmeは販売開始から25年たっているんですね!

その間に10回の改良を行っています。

 

配合成分を調整したり追加したりして、より効果を高めるように改良を続けています。

多くの人に長く愛されているからこそ、これだけ販売を続けていられるんでしょうね。

 

スポンサーリンク

我が家がコントロールジェルmeを選んだ理由


↑以前届いたコントロールジェルmeとオマケ^^

我が家では7歳の娘のために、コントロールジェルmeを定期購入しています。

 

なぜ価格の安いパイナップル豆乳ローションではなく、コントロールジェルmeを選んだのかについて説明します。

(かといって、パイナップル豆乳ローションもとても良い商品で魅力的だと感じています^^)

①全額返金保証制度が60日間あったから

コントロールジェルmeを使い始めるまでは、抑毛商品に対して半信半疑だった私。

さらに抑毛商品をリサーチしていると、「抑毛商品の抑毛効果を感じるまでには時間がかかる」という内容をイヤというほど目にしました。

 

その点、コントロールジェルmeは全額返金保証制度が整っているうえ、期間も60日ととても長かったことで、安心して試すことができると考えたんです。

だって効果がなかったら、本当に全額返金してもらおうと思っていましたから^^

 

実際、最初の1ヶ月はあまり効果を感じられなかったので、60日間あって良かったと思います。

そして2ヶ月経つ前に、運よく効果を感じられたのでそのまま使い続けています^^

②安心して子供へ使用できると感じたから

コントロールジェルmeの公式サイトを見ると、「ムダ毛に悩むお子様に」という言葉が目に入ります。

さらに公式サイトを読んでいくと、子供のムダ毛の悩みがまさに我が子と重なる!と感動さえしました。

 

販売年数も長く、常に商品に改良を重ねていることも安心感が増した一つです。

 

子どもの肌はとてもデリケートです。

それでも長く使い続けることができる商品だと感じました。

③公式サイトのみの販売だったから

最近はほとんどの商品が楽天やAmazonでも購入できる時代。

どのサイトで買うのが最安値か、必死にリサーチしている私ですが…

 

コントロールジェルmeは公式サイトでのみの販売ということにびっくり!

 

それを知った時、公式サイトのみの販売でも経営できるほどしっかりと売り上げているんだな、と感じました。

 

さらにコントロールジェルmeは「初回から定期購入にはならない」というのも安心できるポイントです。

定期購入については「1本お使いになってから検討してください」と公式サイトにもちゃんと説明があります。

定期購入の縛りもなく試せるって安心ですし、それだけ商品に自信があるのが伝わってきました。

④医療機関と提携しているから

コントロールジェルmeの公式サイトには以下の文言があります。

お肌に直接触れる商品である以上、医療の知識は欠かせません。
医療機関や各専門分野研究機関と提携し、正しい知識で、企業活動を行っています。
―提携機関―
・ゆきクリニック(内科・皮膚科)
・栄養医学研究所(臨床栄養学)
・他

(引用:コントロールジェルme公式サイトより)

子どものムダ毛ケアだからこそ、医療機関と提携してて開発されている商品だと安心感がありますね。

配送にも配慮があったから

コントロールジェルmeを購入すると、梱包には商品名がない状態で届きます。

プライバシー保護のため、商品名の記載がない「梱包」でお送りします。お客様の元に届く「キレイShop」の梱包袋には、商品名の記載がなく、ご家族の方が受け取ったとしても、何を買ったかは分かりません。

(引用:コントロールジェルme公式サイトより)

 

こういった細かい気配りに、ムダ毛に悩む人たちに真摯に向き合ってくれているんだということを感じました。

まとめ

我が家は上記の理由でコントロールジェルmeを選びましたが、パイナップル豆乳ローションにメリットを感じる方も多いと思います。

 

それぞれの考え方や環境に合わせて、コントロールジェルmeにするのかパイナップル豆乳ローションにするのか選んでみてくださいね^^

 

何よりもまず、どれかを試してみることが大切ですよ。

スポンサーリンク

コントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションを比較まとめ

今回はコントロールジェルmeとパイナップル豆乳ローションを比較して分かった違いについてご紹介しました。

 

どちらの商品も効果を感じられる人・感じられない人がいます。

自分にとって効果があるかないか、確認する必要があるということですよね。

 

そのために、双方ともに全額返金保証制度を用意してくれています。

 

抑毛ケアが気になっている方は、ぜひ一度試してみる価値はあると思いますよ^^

 

公式サイトをチェックして納得のいく商品を選びましょう!

 

コントロールジェルMEはこちら

↓↓↓パイナップル豆乳ローションからさらに成分濃縮した商品はこちら!

パイナップル豆乳ローションプレミアムはこちら

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました