コストコのクッキー生地の売り場はどこ?値段や賞味期限、口コミも調査!

コストコ
スポンサーリンク

コストコで人気のチョコチップクッキー生地の売り場がどこなのか、また価格や賞味期限、カロリーなどについてご紹介します。

 

テレビなどでも紹介され、話題となっているコストコのクッキー生地(=クッキードウ)。

生のままでも食べられるクッキー生地ということで注目を集めています。

 

しかし広いコストコ店内で、クッキー生地がどこの売り場にあるのか探し出すのは大変ですよね。

また値段や賞味期限、カロリーなども気になるところです。

 

そこで今回はコストコのクッキー生地について、売り場がどこなのか、また値段や賞味期限、カロリーについて詳しく調べたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地はどこの売り場にある?

コストコのクッキー生地の売り場は、冷蔵ショーケースもしくは冷蔵室です。

 

コストコのクッキー生地は冷蔵品のため、冷蔵コーナーにあります。

ただし、店舗によって陳列している場所が異なっているようです。

 

バターやチーズなどが陳列されている冷蔵ショーケースにクッキー生地も陳列されている店舗と、オイコスヨーグルトや卵などが並べられている冷蔵室に陳列されている店舗があります。

 

コストコのクッキー生地を探す場合は、とにかく冷蔵コーナーを見て回ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の値段は?

コストコのクッキー生地の値段は1.37kgで1,098円(税込)です。

※店舗により多少価格は異なります。

 

1.37kgのクッキー生地が約1,000円。

 

ちなみにこのクッキー生地は、焼くとかなり大きく広がるので、クッキーはかなりの枚数が焼けます。

 

チョコチップもたくさん入っており、ヴィーガンやプラントベースの方でも食べられる、卵もバターも不使用のこだわりのクッキー生地。

 

かなりお得だと思います!

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地は通販でも買える?

コストコのクッキー生地は通販でも購入することができます!


 

Amazonや楽天市場などでさまざまな販売店が取り扱っています。

ただし、販売店によって価格が異なりますので、必ず購入前に値段をチェックしてくださいね^^

 

また、残念ながらコストコオンラインでの取り扱いはありません。

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の賞味期限は?

コストコのクッキー生地の賞味期限は、長いと約1年近くあります。

 

コストコ店舗の入荷と購入のタイミングにもよりますが、長い人では賞味期限まで1年弱、短い人だと賞味期限まで3ヶ月ほどの人がいました。

 

コストコのクッキー生地は量も多いので、なるべく賞味期限に余裕が欲しいところですよね。

 

コストコ店舗でクッキー生地を購入する場合は、まず賞味期限をチェックすることをおすすめします。

冷凍保存はできる?

コストコのクッキー生地は、冷凍保存する方も多いです。

 

その場合は、通常のクッキー生地と同じように、アイスボックスのように棒状に細長く丸めて冷凍するのがおすすめです。

 

食べたい時に棒状のクッキー生地をそのまま切って焼けば、クッキーが焼き上がりますよ^^

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地のカロリーは?

コストコのクッキー生地のカロリーは100gあたり428kcalです。

 

【コストコのクッキー生地の栄養成分表示(100g当たり)】

カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
4.2g 4.2g 19.5g 60g 0g

 

市販のチョコチップクッキーなどのカロリーが100gあたり470kcal前後なので、コストコのクッキー生地もそれほど大きな差はないと言えます。

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の原材料は?

コストコのクッキー生地の原材料は、

小麦粉・砂糖・植物油脂・チョコチップ(砂糖・カカオマス・ココアパウダー・バニラビーンズ)・アップルソース・コンスターチ・食塩/膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)、乳酸、アナトー色素、V.C

です。

 

原産国はアメリカです。

 

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の食べ方は?

コストコのクッキー生地の食べ方についてご紹介します。

生のままで食べる

コストコのクッキー生地は、生のままでも食べられます!

パッケージに「焼かずに、そのままでも、お召し上がり頂けます」としっかり記載されています^^

 

「小麦粉を生で食べていいの?」と思う方がいらっしゃいますが、このコストコのクッキー生地は、加熱処理された小麦粉が使われているため、生でも食べられるという訳です。

 

焼いて食べる

クッキー生地ですからね、もちろんクッキーとして焼いて食べるのがおすすめです!

 

焼き方は、

オーブンを177℃に予熱して、クッキングシートの上に生地を並べ8~10分間加熱してください

と説明書きがあります。

 

熱を加えると、クッキー生地がかなり薄く広がるので、焼くときは、生地と生地をしっかりと離して置くのがポイントです。

 

焼いている間に隣同士の生地がくっついた、という口コミも多いです。笑

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の口コミは?

コストコのクッキー生地はかなり多くの人が購入しているので口コミも多いです。

見ていきましょう!

日本人には、クッキー生地を生のまま食べる習慣がないので、割と皆さん「焼いた方がおいしい」と言っていますね。

 

また、焼いたクッキーも「さすがアメリカ!甘い!」ということでアレンジしている人多数。

 

おからパウダーを入れたり、オートミールを混ぜたり、小麦粉足したり…

 

皆さんも色々とアレンジして、自分好みのクッキーを作るのもいいですね!

 

スポンサーリンク

コストコのクッキー生地の売り場や値段まとめ

今回はコストコのクッキー生地の売り場や値段、カロリーなどについてご紹介しました。

 

結構甘くてアメリカン!なクッキー生地ではありますが、やはりストックがあると、焼きたい時にすぐ焼けてとてもラクチンです。

 

コストコのクッキー生地が気になる方は、ぜひ一度試してみてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました