芥見下々ファンレター宛先は?返事はくる?ファンクラブやプロフィールも調査!

漫画家
スポンサーリンク

いま最も注目を集めている漫画家が、『呪術廻戦』の作者である芥見下々(あくたみげげ)先生です。

『呪術廻戦』は「鬼滅の刃」の次を担うほどの人気が期待されており、すでにアニメ化も決まっています。

 

人気が高まるにつれ、芥見下々先生の性別がどちらなのか論争が巻き起こったようですが、現在は芥見下々先生は『男性』ということで断定されています。

 

そんな芥見下々先生に、ファンレターを出したいと考えている方も多いと思います。

そこで今回は『呪術廻戦』の作者である芥見下々先生について、

●ファンレターの宛先は?

●返事はくる?

●ファンクラブはあるの?

●ファンイベントの予定は?

●プロフィールは?

などについてあれこれ調査したので、詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

芥見下々のファンレターの宛先は?

芥見下々先生のファンレターの宛先は、以下のとおりです。

上記は、芥見下々先生が連載する『呪術廻戦』を掲載している「週刊少年ジャンプ」編集部の住所になります。
現在『呪術廻戦』がかなりの注目を集めていることもあり、芥見下々先生へのファンレターは日々たくさん届いていることが予想されます。
おそらく、芥見下々先生の担当編集者がファンレターの中身をチェックしたうえでとりまとめ、タイミングを見て芥見下々先生に渡していると考えられます。
連載に追われ、多忙な毎日を送っている芥見下々先生がファンレターを読んでくれるのは、いつになるか分かりません。
すぐに読んでもらえなくても喜んでもらえるような内容を書いて送るといいですね^^
スポンサーリンク

芥見下々先生からファンレターの返事はくる?

ファンレターを出したら気になるのが、芥見下々先生から返事がくるかどうか、ですよね。

 

しかし漫画家という仕事がどれだけ大変か、誰もが想像がつくところです。

さらに『呪術廻戦』の人気の高さ。。。

 

毎日のように届くファンレターに対して、芥見下々先生が返事を書く時間も余裕もないのは、みなさん納得することでしょう。

 

色々と調べてみましたが、現時点ではやはり「芥見下々先生から返事をもらった」という情報は確認できませんでした。

 

芥見下々先生にファンレターを出すときは、返事をいただけない前提で書くようにしましょう!

スポンサーリンク

芥見下々のファンクラブはある?

現時点では、芥見下々先生のファンクラブは残念ながらありません。

 

そもそも漫画家のファンクラブというもの自体がかなり少ないようです。

ファンクラブを持っている漫画家といえば、例えばドラゴンボールの作者である鳥山明先生などです。

かなりのロングヒットや作品を多数出さないと、なかなかファンクラブは実現しないのかもしれません。

(ちなみに「鬼滅の刃」作者の吾峠呼世晴先生もまだファンクラブはありません)

 

今後、芥見下々先生のファンクラブ情報が確認できましたらこちらに追記しますね^^

スポンサーリンク

芥見下々のファンイベントは?

調べてみましたが、過去に芥見下々先生がファンと直接会うイベントは行われていないようです。

 

しかし、2020年12月19日に行われたオンラインイベント『ジャンプフェスタ2021 ONLINE』では、芥見下々先生からのコメントや仕事場の風景などが公開されました。

 

仕事で使用している液晶タブレットに『鬼滅の刃』のシールを貼っていることを明かし、好きなキャラクターは「鬼舞辻無惨」だと紹介され話題に。

 

芥見下々先生が、ファンが楽しめるような内容を公開してくれていることから、今後イベントなども積極的に企画される可能性もあります。

コロナの影響もあり、直接会えるイベントは当分は難しいと思いますが、オンラインイベントなどが企画されることを願って、今後も応援していきましょう!

スポンサーリンク

芥見下々のプロフィール

名前:芥見下々(あくたみげげ)

生年月日:1992年2月26日(28歳)

性別:男性

出身:岩手県

好きな漫画:太蔵もて王サーガ

趣味:散歩、ラジオ、温泉、頭皮マッサージ

好きな食べ物:ささみ大葉フライ

デビュー作品:『神代捜査』(2014年)

芥見下々先生は、小学5年生の事から漫画家になりたいと思っていたそうです。

「呪術廻戦」を連載する前は、叶恭弘先生のアシスタントをしていたようです。

芥見下々先生ご本人が、クリーニング屋でアルバイトしていたエピソードなども描いています。

いろいろと苦労した末に、「呪術廻戦」の大ヒットにつながったんですね^^

 

これからも、芥見下々先生と「呪術廻戦」を応援していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました