七田式プリントの口コミや効果!4歳が実際に使い始めて9ヶ月経過した現在の様子

七田式
スポンサーリンク

我が家の長女は4歳0ヶ月から、七田式プリントBをやり始めました。

それから4ヶ月ほど経過した頃の様子を、以前記事にまとめました。

4歳児が家庭学習「七田式プリント」を始めてみた。成果はあるのか?
最近よく聞く『早期教育』という言葉。 早くから教室に通うなど力を入れているご家庭も多いですが、我が家は予算的にそんな余裕はありません。 でも長女が成長していくにつれ、 「このままでいいのかな…」 ...

そして現在、使い始めてからまもなく9ヶ月。

まだ本人が積極的にやっているのか?それとも飽きてしまったのか?

 

七田式プリントは約10ヶ月分まとめて購入する必要があるため、買うのを躊躇する親も多いですよね。

その気持ち、よく分かります。

なので、今回は実際に使っている我が家の今現在の状況について、詳しくご紹介します!



スポンサーリンク

現在の取り組み状況

結論から言います。

 

現在は、あまり取り組めていません!!(涙)

 

最初は比較的順調に取り組んでくれていたのですが、テキストが進むにつれてどうやら「かず」が難しく感じ始めたようです。

↓この画像の右の問題の類が苦手みたいです(汗)

これは、問題が難しいのではなく、本人の得意・不得意が大きな原因となっている気がします。

そのため「かず」のプリントに関しては簡単に解くことができなくなってきて、「今日はやらなーい」という日が増えてきたんです。

諦めるのは、まだ早い

せっかく10ヶ月分買ったのに、あと半分が無駄になるのか…

もったいない買い物しちゃったな。

次女が大きくなったら、やってもらうかな。。。

 

とちょっと後悔していた私ですが、ある時思ったんです。

 

出来ないことをやらせるより、出来ることを褒めて伸ばそう!

 

 

考えてみたら、七田式プリントも早期教育なだけで、まだ出来なくても何の問題もないんです。

出来なくても焦る必要はないんです。

いま長女がやりたいこと、やれることを積極的にやって楽しんでもらいながら、褒めてあげよう。

そう思ったんです。

 

長女は「かず」はやりたくないけど、「もじ」と「ちえ」に関してはすごく楽しそうにやるんです。

でも、いつも3種類1セットでやっていたので、必然的に全てをやらなくなってしまいました。

 

そこで、少し前から「かず」には手をつけず、「もじ」と「ちえ」のプリントだけをやらせるように。

すると、長女も喜んで取り組むようになりました。

 

ただし、以前ほど毎日の日課にはなっていません。

一旦サボり癖がつくと、遊びたい気持ちの方が勝つことの方が多くなってきたようです。

 

でも、遊ぶことも子どもにとっては大切なこと。

 

遊んで手先が器用になったり、集中力が上がったり、体が鍛えられればそれも嬉しいことです。

 

なので、今は長女が「プリントやる~」と言わない限り、こちらからは特に声掛けはしていません。

最近のペースは週に3日やる日がある、ぐらいですね。

その代わり、2種類しかやらないので、数ページ進めることもあります。

 

スポンサーリンク

七田式プリントは不要だった?

答えは、「No」です。

なぜなら、子どもが学習したい時にいつでも適度なレベルの教材を渡してあげることができるから。

 

やらない日もある今現在ですが、それでもやっぱりプリントに取り組んだ日は長女の達成感を見ることができます。

それを目の当たりにすると、やっぱり七田式プリントを購入して良かったなと感じます。

 

もちろん、七田式プリントではなくても全然いいんです。

ただ自力で市販のワークを探す場合、適度なレベル、そして適度な量をストックしておくのってなかなか大変なんですよね。

それが、何も考えずに10ヶ月分ドーンと届くのは、親としてその後の準備などがいらず助かるんです。

 

色々なワークを吟味する余裕のある方は、自分が納得したワークをお子さんに買ってあげればいいと思います^^

私の場合は、吟味すること、そしてこまめに買い足していくことが面倒なので(笑)、七田式プリントが合っているようです。

 

 

スポンサーリンク

プリントを無駄にはしません

今は「かず」のプリントがどんどん残ってしまう状態ですが、特に気にしてはいません。

もう少し大きくなって、解けるレベルになった時にやってもらえればいいと思っています。

「もじ」「かず」「ちえ」の3種類がセットになって届きはしますが、子どもによって向き・不向きはあるでしょうし、すべてを同時にこなす必要もないのかな、と私は思っています。

ひらがなやカタカナの書き方は本当にどんどん上達していっていますし、まずは伸ばせるところを優先してあげようと思います。

 

という我が家の現在の取り組み状況のご紹介でした。

七田式プリントの購入を検討されている方の参考になれば幸いです^^



 

 

 

タイトルとURLをコピーしました