4歳【トイトレ】夜のオムツは外すんじゃなくて、外れるんです

育児
スポンサーリンク

 

 

我が家の長女は、つい先日、4歳6ヶ月で夜のオムツを卒業できました。

私にとっては、かなり長く感じた月日でした。

 

夜のオムツは、日中のトイトレが完了したと同時に卒業できる子もいれば、昼間はパンツでも夜はずっとオムツ…という子もいますよね。

 

我が家の長女は、日中は3歳になる前にトイトレを完了しました。

しかし、夜のオムツは4歳の誕生日を過ぎても、毎朝グッショリ…

 

なかなか外れない夜のオムツに少し(私が)ヤキモキした時期もありましたが、夜のオムツを卒業して今思うのはただ一つ。

 

オムツを外す日は親が決めるのではなく、

子どもが決めること

 

では、長女がどうやって夜のオムツを卒業したのか、順を追って説明しますね^^

 

スポンサーリンク

膀胱は発達しているはずなのに…なぜ?

長女は3歳になる少し前に、昼間のオムツは卒業出来ました。

それからは日中は、ほぼお漏らしはしたことはありません。

 

というか、日中はものすごい長時間オシッコに行かなかったりすることもあるんほどなんです。

週末のお昼過ぎ、「あれ?長女って朝一番にオシッコ行った以来、トイレ行ってないよね?」と夫と顔を見合わせることもしばしば。

でも、夜寝ると、朝にはものすごいたっぷりのオシッコでオムツがパンパンになる毎日が続く…

トイトレを完了するには、膀胱の大きさがある程度成長している必要がある、とよく聞きますが、私からすれば、長女の膀胱は既にしっかり成長してるじゃん!と感じていました。

 

スポンサーリンク

昼間とは違い、夜は排尿のコントロールが不可能?

なかなか夜のオムツが外れない娘に焦る私は、

「寝てる時、オシッコ行きたくなったら起きてちゃんとトイレに行かなきゃダメなんだよ?」

と言ったことがあります。

 

すると娘は、

「だって知らないうちに出てるんだよ~」

と困り顔。

 

同じ年齢の子どもを持つママ友からは「夜中にオシッコ行きたいって起こされるのが辛い」と聞いていたので、てっきり娘がトイレに行くのを面倒くさがっているのかと思っていましたが、どうやら本人は、寝ている間はそもそも尿意を感じてもいないと分かりました。

 

スポンサーリンク

本人が濡れているオムツを嫌がらない問題

長女は、4歳を過ぎても、朝パンパンに膨らんだオムツを全然気にしませんでした。

 

ママ友の中には、

「高速道路で子どもがオシッコって言うから、緊急用のオムツ履かせたんだけどすごい嫌がって大変だった」

というエピソードを聞いたことがありました。

そもそもオムツにオシッコを出す、という行為に対して嫌悪感を感じているとのことでした。

 

一方我が家の長女はその反対。

普段パンツで過ごしている昼間であろうが、緊急でオムツに履き替えさせてオシッコをさせても何も苦に感じないんです。

何なら、濡れたオムツのまましばらく過ごすことさえ大丈夫だったり。

 

そこで、濡れたオムツは気持ち悪いと思ってもらえるように、朝起きたら、オシッコだらけのオムツをすぐパンツに履き替えさせることに。

 

ところが、寝起きの悪い娘は、面倒くさがって、朝ごはんを食べる時はまだオムツはパンパンなまま…という日々が当たり前になっていました。

 

スポンサーリンク

本当にオムツを外さないと困る日が来るまで、一旦放っておくことに

私が毎朝オムツの状態を確認することで、少しずつ長女も気にするようになってしまいました。

ネットで検索すると、プレッシャーは良い影響を与えない、という記事が多く、私もその部分には共感していたので、とりあえず夜のオムツ外しは焦らないことを決意。

 

私から声をかけたりすることをやめました。

 

現在年中の長女は、年長になるとお泊り保育をするイベントがあるので、出来ればそれまでに外れてくれればいいな、と漠然とは思っていました。

 

スポンサーリンク

その日は突然やってきた

夜のオムツ外しはとりあえず放置しよう。

そう思って、長女用のオムツをまとめ買いしてほどなく…

 

突然、朝起きた娘が「今日おむつカラッカラだよ」と嬉しそうに言いました。

確かに、オシッコは出ていませんでした。

ものすごく褒めながらも、「暑くなってきたし、汗で全部出ちゃったんだな」と私は思っていました。

だって、その前日までは、毎朝オムツはパンパンな状態でしたから。

 

しかし、次の朝もまたカラッカラ。

またとりあえずすごい勢いで褒めたものの、半信半疑。

 

しかし、さらに翌朝。

この時の夜中~明け方は結構冷え込んだので、汗はかいていない。

これでカラッカラだったら本物だ。

 

そう思っていると、娘が起きてきてすぐ「オシッコ行ってくる~」と。

戻ってきた娘に聞くと、「うん、カラッカラだよ^^」と教えてくれました。

 

スポンサーリンク

夜中の尿意を感じて起きられるようにも

毎朝のオムツがカラッカラの日が続き、嬉しくなった私は、今度はまたパンパンになる日を少し恐れるように。

そこで私は、長女が寝る時にいつも枕元に置いていた水筒を撤去することにしたんです。

 

「枕元に置いておかなかったら、水分をとらせずに済む」と考えたんです。

 

しかし、寝る時間になると、いつも通りお茶を飲みたがる娘。

水筒をここに置いといて!と、かなり怒ってきたので、あえなく作戦失敗。

私に見せつけるかのごとく、ものすごい量を飲んで、そのまま寝ました。

 

しかし、その数時間後。

夜中1時過ぎに、娘が「ママ、オシッコ。トイレ行く」と私を起こしてきたんです。

 

初めてのことにビックリした私。

眠い目をこすりながらトイレでオシッコをする娘に、「オシッコしたくなって起きたの?」と聞くと、うん、と頷きました。

 

その数日後にも、また夜中のトイレで起きた娘。

 

毎朝のオムツがカラカラの日が続くと同時に、尿意で目が覚めるようにもなったようでした。

 

スポンサーリンク

夜のオムツを卒業して分かったこと

 

昼間パンツでどれだけ過ごせていても、日中は自分でトイレに行くようになっても、

夜のオシッコは全くの別問題だと分かりました。

 

昼間は起きていて、意識もしっかりしているから、トイトレをすることでオムツ卒業を早めることもできるかもしれません。

しかし、夜は寝ているので全くの無意識です。

 

こればかりは、どれだけ子どもに優しく、上手に説明してあげても、本人ではどうすることもできないんです。

 

その時期がくるのを待つしかないんです。

 

夜のオムツは、意図的に外すものではなく、自然と外れる日が来るのを待つのが、親にとっても子どもにとってもベストだと思います。

 

我が家の長女のオムツが、突然カラッカラになってから一ヶ月以上経ちましたが、まだお漏らしはしていません。

(かといって、子どもはお漏らしをすることはもちろんあると分かっています)

 

前日までオシッコでパンパンだったのに、ある日を境にパッタリ無くなることだってあるんです。

だから、とにかく、本人の体が成長するのを気長に待ちましょう^^



タイトルとURLをコピーしました