【裏技】子どもが紙パックジュースをこぼさず飲める方法!道具は必要ありません♡

育児
スポンサーリンク

子どもが大きくなってくると、幼児向けの小さな紙パックジュースが重宝しますよね。

■アンパンマンジュース↓↓↓

我が子たちもお世話になりました^^

グズッた時などに渡せば機嫌が良くなったり、とりあえず静かにしてもらいたい時に飲ませたり(笑)

我が家の娘たちは、熱を出した時には必ず飲んでいたので、常にストックするようにしていました^^

 

ですが…

飲むのはいいけど、子どもが力を入れて紙パックの側面を持つと、その瞬間ストローから

ピュ~!

とジュースが溢れ出てしまう育児あるある。。。

 

家にいる時なら、マグに注いであげたり、紙パックホルダーに入れて渡せば事なきを得るんですが…

■紙パックドリンクホルダー

↑↑↑Amazonだとこんな可愛いのもあるんですね!

我が子たちは100均で売ってるので済ませましたよ(笑)

 

案外、外出先で仕方なく飲ませることになっちゃうことって、ありませんか?

お茶を持ってくるのを忘れてしまったり、ジュースの自販機を見つけて「飲みたい~!><」ずっとダダをこねられたり。

そういう時って、紙パックホルダーを持ち歩いてなかったりするんですよねぇ^^;

 

それじゃあ、とママが持って飲ませようとすると、自分で持つ!と言って聞かない。

そして子どもに持たせるとこぼれる…の負のループ(笑)

 

そんな時は、あの裏技使っちゃいましょう!!

私も子ども2人に、この飲み方を活用して乗り切りました♪

 

スポンサーリンク

紙パックジュースを子どもが自分で飲む方法

とっても簡単なので、写真で説明しますね。

道具も何もいりませんよ♪

もう我が家にはアンパンマンジュースを飲む子がいなくなったので、Doleで失礼します(笑)

紙パックジュースがありまして。

 

紙パック上部の両端にある、この三角の部分をベリっと剥がしてしまいましょう。

 

こんな風に、左右ともに三角部分を剥がして、両手を広げたようなポーズにしてあげてください。

ここまでしたら、ストローを指して、お子さんにジュースを渡します。

※ストローを指してから三角部分を剥がすと、たまに力の加減でこぼれてしまうことがあるので、ストローを最後に刺したほうがいいと思います^^

 

ここでポイント!

お子さんにパックジュースを持たせる時は、紙パック側面ではなく、先ほど広げた三角部分をつまむように持たせてあげてください。

そうすることで、ジュースがあふれ出ることなく、子どもも自分で持って飲むことができます!

 

スポンサーリンク

もし三角部分を持つのを嫌がったら…?

我が家の場合、長女は何の疑問も持たずにつまみを持ってくれました。

が、次女は最初は持ってくれていましたが、次第に難色を示すように(笑)

ママ友の話の中からも、持ってくれる子と持ってくれない子に分かれるようです。

 

でも、ホルダーを持ってなくて、ママが持って飲ませるのも嫌がるなら、自分で持ってもらうしかありません。

つまみを持ってくれない次女に私が試した方法で、成功したのがこちらです!

 

この(三角)部分持って飲むと、すごく美味しくなるよ

「ここ持ってごらん、すごい美味しくなるから^^」

と言うと、まだそんなに言葉が話せない1歳児でも、「おいしい」のキーワードに食いついたのか、持ってくれました!

食べることが大好きな子どもに有効な言い方かもしれませんね。

 

三角部分に可愛いマークを書くor貼る

これは、自分のバッグにペンとかが入っている場合に限りますが…

三角部分に、ハートマーク♡とか星マーク☆とか、何か興味を引く印をつけてあげると、俄然持つ気満々になりますよ。

ママ友はペンが無かった時に、コンビニのテープ(レジで「テープでよろしいですか?」と聞かれた時のテープ、笑)を貼ってあげたら、すごい喜んだ、と言ってました。

子どもが何か触ったり持ちたくなるように、工夫してみてください。

 

スポンサーリンク

知っておくだけで、急な時にも対応できます

いかがでしたか?

これはあくまで、紙パックジュースホルダーが無い時の念のための対処法です。

 

個人的には、紙パックホルダーは持っておいた方が、ストレスは少ないと思います。

100均の紙パックジュースホルダーは、折りたたみもできるので持ち運びにも便利ですし、クオリティも特に問題なかったです。

108円なら買いやすい&捨てやすいですしね(笑)

 

しかし、持っていても案外家に忘れたりしちゃうんですよ。

そんな時に、今回の方法を試してみてください^^

また何か、知っておくとママが安心できる情報があれば、お知らせしますね~♪

 



タイトルとURLをコピーしました